つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら

ガン治療をお医者さんに相談しても難しい理由

国は2007年「がん対策基本法」をつくり、がん治療の治療方式に関して、3つのみ(手術、放射線療法、化学療法の組織殺傷法)に固定したようです。かつて温泉療法食事療法など病院で実施することができたようですが、禁止になったとのこと。

 

法律なので、志高く、経験豊富な有能な医師の、何万通りの治療方針は無視され、国の実施義務を受けた病院側の方針に強制される。それ以外のやり方をした医者は即刻処分されるようです。地方自治体もがん対策推進計画をつくるようですが、歯向かうことは出来ないでしょう。

 

とにかく、現在は殺す組織殺傷法だけが許可され、真に必要な組織活性化法は、民間療法としてバッシングを受けるようで、信念に基づいて孤立する勇気のある医者以外は、本音を出せないと思います。なので、相談してもよほど間柄でない限り、本音を聞けることはないでしょう。(忙しくて本気で勉強不足の医師もいますが)

 

一方で先天性はともかく、本来、人間が健康を維持するのに神さんが金がかかるようには作っておらず、しかもよほどのことがない限り突然死することがないのも人間。だから自身でいろいろ調べた上で、医師には、その抗がん剤がどれだけの成功実績があって、適用年齢は大丈夫か、どんなリスクがあるかなど、納得するまで遠慮なく聞くべきで、応えらえなければ出てゆくなど、真剣に自らの命と向きあう必要があると考えます。

 

ちなみに、最近よく使われる抗がん剤TS-1は癌細胞以外に、血液をつくる骨髄にも攻撃を仕掛けるので、感染症や、出血が止まらない、倦怠感、発熱、咳、口内炎、歯茎からの出血、鼻血、青あざ、など血小板の減少による症状が懸念されるいずれにせよ、肉を切らせて骨を切るという悲しい治療ですね。

 

 

雑誌掲載、他 | permalink | comments(0) | -