つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
<< 飼い犬からペストに感染 | main | 病院の薬剤 ロボが運ぶ >>

「唾液ケア」で“若返りホルモン”を増やす(肌トレ塾) 日経ウーマンオンライン

この情報社会になって
知りたいことがすぐに手に入る世の中に
なったことはありがたいことだと思います。

ただし、知りたいと思わないと
検索キーワードが思いつかないので
能動的かそうでないかで、何年後の結果が変わる
怖い世の中だと思います。

さらに、その情報が合っているか、
宣伝なのかどうか含め判断が必要なのも
人に聞くのも含め、やはり多角的に勉強すべきだと
思います。自分を守るは自分・・・モゴモゴ

---
ということで、
少し前の日経ウーマンオンライン記事です。

まさに、美容は唾液ケアからというわけです。
個人的には腸内美人というように、
腸を健康にする方が肌の効果が高いと思います。

先日献血したのですが、
その担当女性が子供には甘いものを
本人もよくケーキとかコーラを好み、
野菜を食べないとのこと。

案の定、立ちくらみをしているようです。

砂糖はほんと大敵。
腸にとってはあまりメリットなく、
分解が難しい物体がやってきた程度のものらしいです。

私も甘いものはやめられませんが、
ほどほどにしないと栄養を体に吸収せず
逆効果を与える可能性もあるため制限しています。ショック

口の中は美と健康に密接に関係しています。
大切なものの一つが唾液(だえき)。
唾液は主に、アゴ、耳、舌まわりにある顎下腺(がっかせん)、
耳下腺、舌下腺で分泌され、1日に約1.5〜2リットルも出ています。

唾液にはいくつかの働きがあります。

・口の中の細菌を取り除き、口臭を防ぐ「浄化作用」「抗菌作用」
・食べたものの「消化作用」
・味覚を促進する「溶解作用」
・口の中の食べもののカスを洗い流す「洗浄作用」
・歯・骨・毛髪・粘膜・皮膚が丈夫になるもととなる
 成長ホルモンの一種「パロチン」の分泌による「老化防止作用」
歯の情報 いろいろ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする