つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
<< 摂・嚥下障害へのアプローチ | main | 腸の大切さ >>

汚れを取ってくれるグッズ 菌を培養!?

節約や時短が、トレンドなのはいつの時代も同じ。小さな不満解消が、大きな楽につながる。

風呂の浴槽に入れる、皮脂汚れを取るスポンジや、口の中の舌苔の、汚れを刈り取る舌ブラシ。これらも同様ですね。

いろんなアイデアグッズがあって、雑貨は楽しいものです。

しかしちょっと待った!そのからめとった汚れ、菌の増殖は大丈夫?!


絡め取るのが得意、ということは、洗いにくいということ。歯ブラシの毛の付け根同様、塩素でも効かない、高圧洗浄でも大変なバイオフィルムの除去を、家庭向けの洗剤で本当に取れるのか心配になります。

食中毒がなくならないのと同様、乾かしても冷やしても、菌の活動は止まっても、菌は死滅しません。


そんな時、つけ置きで、バイオフィルムを安全に分解するナチュオの出番です。菌を殺すのではなく、栄養源であるバイオフィルムを、分解するから安全、安心。

汚れたスポンジ、体を洗うグッズ、などなどつけ込んでハイ終わりです。

すいません。念のためナチュオは食材には使えませんので。

暑くなると施設付近にあった霧状のシャワー、最近、見かけないなぁ。きっと循環温泉の、打たせ湯同様の問題、レジオネラ菌に気付いてやめたんだ。

菌はこんなに身近なのに、不用意にみんな培養していることが、医療費を増やすきっかけなんだと思う。
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする