つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
<< 歯科技工士のための感染知識と対策例2 | main | 【お風呂の新常識】石鹸はいらない!髪にもカラダにも「お湯シャンプー」がいいワケ >>

歯科技工士のための感染知識と対策例3

前回同様、歯科技工士のための感染知識と対策例 を少し読んでいます。

感染症は難しい言葉の数々が並びますが、命に関わる身近な問題が多く、少しづつ学べればと思います。そこから抜粋、引用します。(一部改変)

レジオネラ菌


水中で増殖し、ほとんど濁ることもなく、ぬるぬるしたバイオフィルム集団となって、長期間生存することが出来る。清掃手入れのなされていないお風呂のぬるぬるの原因である。

加湿器で増殖したレジオネラ菌が噴霧され、高齢者や新生児を死亡させた例もある。

ぬれたままのタオルや雑巾がぬるぬるになるのは、レジオネラ菌などの増殖が原因。対策としては、たまり水を放置せず、清掃し乾燥させる等。

 

高齢者を襲う菌


カンジダ・アルビカンスは、高齢者などによる免疫防御機能の低下に伴って増殖する代表的な日和見感染症 起因性真菌である。

抗菌薬の長期使用で、菌交代現象として口腔内え増殖。修理義歯や印象採得には100%カンジダ・アルビカンスが付着していると考えられる。

 

標準感染予防策(スタンダードプレコーション)


米国疾病呼ぼうアンリセンター1996年発表された感染予防策によると、感染している人もそうでない人も、すべての人の血液や体液は、感染の危険性があるものとして感染対策しようという考え方。

 

歯科技工士現場でのお勧めから一般人もヒントを得よう


1.衛生的手洗いを敢行しよう
2.腕時計、指輪を装着しない
3.個人防護具の装着
4.作業代での飲食、喫煙しない

菌はとても身近で怖い存在でありながら、テレビなどで恐怖をあおるところまではいいのですが、商品を売りたいメーカーと、広告代理店の合作では、どうしても直接商品に結びつける傾向が高く、結局一般消費者が、原理がわからないまま、素人知識のまま、これがCMでよさそうだったからというCGなどのイメージでごまかされ、買い続ける悪循環が起こっているように思えます。

自分のことは自分がよく知っている も行き過ぎるとダメですが、少なくても身体が不調ならすぐに医者に行くのではなく、最近運動しているか、睡眠はとれているか、便秘は大丈夫かなど、自分自身に聞くことからスタートすべきだと思います。

数ヶ月間、左の手が定期的にしびれて、脳を疑いましたが、左手を使っていなかったのを思い出し、歯を磨く手も、掃除をする手も意識的に左手を使ってたらあっさり治りました。さらに、慎重165cmに対して、70Kg近くまで太り、何をやってもなかなかやせなかった体重が、電車をやめて4,5駅程度は歩きを意識して生活していたら、1年も経たずに15キロ健康的に痩せました。(笑)


数年前に作られた映像。隔離されたハンセン患者が住む島に入り、生活に密着したドキュメンタリー映像を今日拝見しました。編集された方にDVDを頂戴しました。

IMG_2275

とても悲しい病気。感染力の極めて弱い細菌による病で、療養所に通う方は2500人を超え、平均年齢は80歳を超えます。10代で治療2年で戻ってこれるとだまされて故郷を強制的に離され、連れてこられて隔離。外部の冷たい目は、飼われた家畜を意味する座敷豚という醜いあだ名をつける。何もしなかったわけではなく、盲目になった後も手作業を精一杯やってきたつもりなんですが・・・・と彼女は言う。IMG_2274

歯の情報 いろいろ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする