つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
<< 歯科技工士のための感染知識と対策例3 | main | 主婦の仕事を楽に!水道コスト低減!バイオを使ったお風呂洗い >>

【お風呂の新常識】石鹸はいらない!髪にもカラダにも「お湯シャンプー」がいいワケ

過激なタイトルながら、気づく人が増えてきたようでうれしく思います。

海外のセレブや、環境に敏感な人たちは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗っているそうです。

http://tabi-labo.com/46527/nosoapnoshampoo/


ほとんどの人が、トイレや台所、風呂、衣類、部屋の空間、様々なところの洗浄剤、洗浄液に毎月、なんらかの継続的消費をしています。
さらにはトイレひとつとっても、便座とか、便器とか、床とか、部位ごとに異なる洗剤を買っています。しかも混ぜるな危険の組み合わせまであります。でも人間のアカや排泄物、食材から出るものへの洗浄に、排水や人体にも気を使うほどの劇薬が必要とは到底、思えません。

もちろん商業活性化という点では、重要なことながら、あらためて洗浄液の裏側を見ると、塩素かアルコールか、ただの界面活性剤かが圧倒的に多いのも事実です。

パッケージやキャッチコピーで解り易くし、ノズルや香りで使い勝手をよくする努力はすばらしいけれど、アルコールを部屋にまいて大丈夫かとか、これを排水に流して大丈夫かといった商品があふれているのも確か。

感染症対策の最前線を調べれば調べるほど、一般消費者向けの商材は、CMやマーケティングの進化はあるけれど、中身については昔から変わっていない気がします。

では、水だけで置き換え可能か?と言われると、バイオフィルムだけは入れ歯や、自分の歯、お風呂のヌメリ、循環温泉のパイプなどに付着して、アミノ酸結合がバリアを形成され、水洗が難しいとされています。

ではどうすればいいか?
ずばり、アルコール、塩素に続く第三のバイオ洗浄液、パパイン、マンゴなど天然のフルーツ郡等から抽出した特殊酵素洗浄液をお勧めします。

バイオフィルム分解を得意とし、環境にやさしい。排水もほとんど不要。お金にシビアな業務用利用で実績のある酵素洗浄液。

これだけで、入れ歯洗浄、歯ブラシ洗浄、風呂洗い、トイレ洗い、台所まわり、衣類洗い、クリーニング、いろんな洗浄行為を置き換え可能です。

消費税10%は先延ばしかもしれませんが、足置きマットや毛布をクリーニング出すだけで数千円、こちらは残ったお風呂に数滴入れるだけなので、3−5ml程度。1回 200円もかかりません。

ぜひ家計を圧倒的に楽にする実験を始めませんか?
(消費期限は1年。パッケージにお金をかけていません。)

その他体のこと | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする