つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら
<< 80歳まで20本 達成者は3人に1人以上で過去最高 | main | 人に介護させない体づくりをする >>

真実はウラに

比較の比較ではありませんが、われわれの洗浄液は、そもそもほとんどの成分が酵素系洗浄液。界面活性剤は天然由来のものを使用しているので、油でバリアーされた汚れの境界にも入っていけます。だから安全で、油脂に、特にタンパク汚れに有効なのです。にしてもやはり、成分が安全重視すると、洗浄力が落ちるのは仕方ないのですかね。
安全な洗剤?
洗った後の服が白く輝いたり、いい香りがするのは、合成洗剤に入っている化学物質が衣服に付着しているということ。 

なかなか挑戦的なキャッチコピーです。さらに文章は続きます。

表のパッケージや広告からは、想像もしなかったような化学成分が入っていませんでしたか。体はいつも衣服と接している。 

実際にウラを見てみると、表のパッケージでは控えめにした成分について、とても解りやすい記述があります。

蛍光増白剤、香料、着色料、合成界面活性剤を使用していません。(一部略)上手な使い方として、汚れがひどいときは酵素系漂白剤の併用をおすすめします。 

良い香りで包むのは、体臭がきつい外人さんが香水を浴びせるにも似ています。まさに対処療法。西洋医療にも通じる技ですね。化学物質は、体にメリットがないだけでなく、たとえば蛍光漂白剤は、洗剤で取れなかった汚れを白くしてごまかしてしまいます。

タンパク汚れが残っているにも関わらず、上から白をかぶせるので、汚れが見えなくなってしまいます。白に見えるからいいじゃないか といううわさもありますが、汚れがあるということは、栄養がそこに残るということ。微生物がやってきて、ニオイの元や、衣類の傷みが早くなるということに繋がります。よく黄色くなってボロボロになるワイシャツはまさにその影響です。

と、爽やかなCMにごまかされて、タバコなど家中のニオイをなくすのに、アルコールをまいている人も多いようです。成分は一見わかりにくく表現されているようですが。
ブラシグリーン、ナチュオ(Natuo)の効果 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする