つけといて,ブラシグリーンは病院生まれの天然成分 入れ歯,歯ブラシ洗浄液です。タンパク質,油脂分解/除菌します。
lifeimpactロゴ 歯ブラシアイコン 歯キレイロゴ 8kirei.jp バイオの力で菌問題を断ち切る!
入れ歯、台所スポンジの菌の存在と影響を知っていますか 携帯歯ブラシを持ち歩く女性のために
歯ブラシと歯ブラシキャップ
健康は歯からが常識に、80歳まで20本で健康寿命
菌と闘う全ての人へ業務用で培ったバイオ技術をお届けします。
購入する バイオ基本商品 〜歯をキレイにして健康寿命アップ バイオ商品その他 〜歯をキレイにして健康寿命アップ スマートフォン関連商品 業務用途、小売業のお客様へ 歯にまつわる情報ブログ 特定商取引の表示
お問合せはこちら

日本海の朝焼けが美しい

朝6時半に目覚めた滞在先の部屋。

 

ふと外を眺めると、赤焼けがみえたので思わずパジャマに防寒着を羽織っただけで4Fを降り、走り出して すぐそばの海岸沿いまで かけ降りました。

 

完璧な日の出とはいかなかったものの、砂浜にかかるオレンジは見た目通りの美しさを見せてくれ、寒いのに1時間近くたたずんでいた気がします。(笑)


雑誌掲載、他 | permalink | comments(0) | -

新型コロナウィルスは怖くない?!

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

SARSの形に似た新型コロナウィルスなどの影響で、世界では1万人近い方が罹患、高齢者だけと思われていた感染力はまさかの36歳で亡くなった人もいるとのことで、恐ろしさを感じます。

 

伝統的な食事をする日本人は守られている

とはいえ、SARSの時同様、日本人は罹患したとしても、直ちに命に係わるところまで重症化しないのは、世界の中で日本にしか生息できないという不思議な麹菌のお陰、天然の味噌や醤油、みりん、酒といった発酵食品を摂っていたから。もちろん忘れてならないのは、梅干しや塩の存在。(アマ鮭や数%の梅干しは体にメリットなし?)

 

「減塩では後進国」「減塩が良い」との国の誤った誘導(寒い北海道も暑い沖縄も 塩分摂取推奨量 男10g、女8gって 笑)により、タニタ食堂など減塩食が人気のようですが、塩気がない=味がまずい&食材が腐る−−>味の素や添加物、利尿剤を使うなど、結局、化学を入れる依存(デメリット)が起こっています。

 

 

なんて安くて食事も美味しく健康になるのにワルに指定するのは不思議。血圧降下剤や手軽に儲かる化学を売りたいのでしょうか。

 

でも本来、体は海で出来ていて、涙も鼻水も血液も、目を洗うコンタクトレンズも倒れた時の生理食塩水も、全部塩分なのです。

塩が満たされ浸透圧によって老廃物をおしっことして外に出せます。そして高い血圧のお陰で、心臓から力強く血液を送り出し、指の先から足のつま先まで栄養伝達や、病原菌がないかのパトロールを送るのに役立っているのです。

 

<脳卒中や心臓疾患の要因>

血圧が高い原因は明らかに体に、砂糖やショートニング(トランス脂肪酸)などの固まる油を入れること。これが固まり、血液の流れを阻害することが真の病の要因です。塩が病気の原因ではなく猛烈に甘い食品の採りすぎなんです。(甘いものは暑い国の人を冷やす食べ物です)

 

<日本人の塩分摂取量が多く、欧米で少ないのはなぜ?>

湿気・気候が関係しています。あちらの国は毛穴が大きく、老廃物はおしっこでなく、皮膚から出します。だから体臭がきつく臭い。一人入るだけで臭くなるから、泡でごまかす。香水でごまかす。透明なお風呂&共同風呂はありえない。

 

アルコール飲んでも日本人だけがおしっこ頻度が高い。日本は湿気が多いから皮膚はなめらか、皮膚から出しすぎると雑菌がやってくるから感染症になるのでしょう。

 

今のカジノIR利権同様、塩を入れれば安く簡単に健康維持できることをひっくり返して・・・ビジネスを作ってきたのですね。古き良き、良い塩梅を維持することこそが、日本人の免疫機能を強くさせ、健康を維持する簡単&お金のかからない手法だったのです。

歯の情報 いろいろ | permalink | comments(0) | -

2020年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年の今年も、引き続き 皆さまへの健康お役立ちする商品や、情報などをお届け出来る様、全力を尽くします。

今年も変わらぬご愛顧を どうぞよろしくお願い致します。

 

元日の5時代に早起きして、瀬戸内海から見える初日の出を見に行ってきました。嬉しいことにまん丸な朝日を見せてくれました。

 

 

歯の情報 いろいろ | permalink | comments(0) | -

大人の女性 うさぎのフン から 大蛇 トグロ巻きへ

 

いろんな病人患者を目にしていて解ったことは、

結局のところ健康維持の秘訣は、精神が楽しい、嬉しいが続くこと。

そして良く食べ、良く分解し、良く出すに尽きると思います。

 

その良く出す部分に関して、女性は便秘の傾向が強いです。

 

腐る(くさる)という字には、五臓六腑の府の中に、肉が入っている状態。

欧米人は腸が短いから、牛乳やヨーグルトで下痢をさせても洋式便器でずっと座って時間を過ごして無理やり出す習慣があるけれど、腸の長い日本人は玄米などの穀物を時間をかけて分解できるようになっているし、味噌汁、魚、漬物がそれを補った。食文化が違うために肉はどうも出しにくい。溜まる傾向があるのです。

 

だから大腸がんが死因のトップになるのです。

 

精神も大事!! 目から健康を!!

 

 

そもそも本来和式は、呼ばれていくところで、時間をかけて出しに行くところではないし、伝統的な発酵処理をする味噌や醤油、ミリン、お酢などを同時に摂ることで食べものの消化を助けていたから、すんなり出ていたのですが・・・・甘く化学で出来た食べ物と古い肉、添加物、そしてサプリのラッシュでヘドロが腸に溜まり出ないなど、見事に食が乱れてしまいました。

 

和式の優れた点は、量と形、色が一目で解ること。体からのお便り。サプリに何万円も使う余裕があるなら、味噌汁とお漬物をお勧めします。

 

本来、地産地消というように、産まれた時に、その国の人に合わせて、おなかにある腸内細菌などの特性が異なるわけで、ドイツ人がアルコールをどれだけ飲んでも分解出来るが、日本人の多くは、分解が出来ない人が多いのと同様、それを意識する必要があります。微生物のおしっこ であるビールを飲めても自慢になりませんが。(笑)

 

ということで、伝統的な発酵で出来たお味噌汁を飲み、本物の醤油と納豆と玄米だけで十分、食の健康は実現できるのです。一度に食で良い善玉をたくさん得られない、酵素が少ないという方は、当社のフルーツ村の発酵美人をお試しくださいませ。

 

2017年にがんで死亡した人は373,334人(男性220,398人、女性152,936人)。

 

  • 男性は死亡数が多い順に1位が肺、胃、大腸、肝臓。
  • 女性は死亡数が多い順に、大腸、肺、すい臓。男女別は肺、大腸、胃、すい臓

 

その他体のこと | permalink | comments(0) | -

世界にない優れた菌を所有する日本

JUGEMテーマ:大腸がん、横行結腸がん

 

3日前にお客様の声をお電話で頂きました。

 


−−−−−−−−−
 お客様からの声

−−−−−−−−−
「おかあさん 笑顔が増えた気がする」ある夜、娘が私に向かって言った言葉にドキッとした。

それだけ回復したという実感が眼で見て解るぐらいになったんだ。
同時にそれだけ子供にも負荷を与えていたことが解かった。

「1年以内に癌ゼロを目指そう!」
まさかの血液検査後、医者が元気よく言った。

触診した医者は、「りんぱのしこりが軟化していっている。もう問題なし、きっと治るだろう」と続けた。

この言葉は信じられなかった。
良くて50:50、悪化を食い止めて、上手く癌と付き合っていこうと思ったいたが、まさかのゼロ宣言、私は力が抜けた。

乳がんステージ4、背骨全域への転移・・・
背骨が痛く、前にかがんでゆっくり動作していた。
それがウォーキングに子供を元気に叱るまで回復、
体温が35度から36.8に上がった


「手術も無理、放射線も無理、唯一の治療、抗がん剤を使っても命の保証がないのに、君たちは何を考えているんだ!」と言われた状態から、よくここまで戻せたもんだと感動しました。

やったこと:笑う、バイオ195日、ミネラル水4リットル、岩盤浴

 

 

日本は世界に一つしかない麹菌を持っていて、自然とそれを使った発酵の技術を高めてきたようです。万が一、北朝鮮あたりからバイオテロがおこっても、世界で日本人だけが生き残れるようです。ただし有名な出汁やみそ、醤油だと守れないですが、昔ながらの製法で作った時間をかける製法をとる蔵ならば・・・・

その他体のこと | permalink | comments(0) | -